SONY DCR-IP55                 2003/04/29

   

 子供が小さいうちは8mmビデオで発表会と   

 か運動会などをせっせと撮影していました 

 が、大きくなったらそうしたこともパッタリ、と 

 いうのはどこの家庭でもあること。我が家も

 例外ではなく、右写真上のHi8はほとんど 

 無用の長物となりました。そうでなくとも、こ 

 の大きさのビデオではおおげさすぎて、持 

 ち歩いて、何かあったら撮影しよう、という 

 気にもなりません。そこで意を決して手に入 

 れたのが、DCR IP55。写真でおわかりの 

 ように小さい。

   

 手のひらに乗るぐらい小さいですから、こうい 

 う持ち方をすると落っことしそう。とにかくど 

 こへでも持って行けてあまり邪魔になりま 

 せん。撮るほうも撮られる方も、「撮ってる」 

 「撮られてる」という意識が薄いのがミソ。 

 動画も静止画も撮影できます。電池は右写 

 真小指あたりに装着されています。画面ス 

 イッチの左下あたりにメモリースティックを入 

 れることができ、静止画などはこちらに記録 

 できます。

   

 横から見るとこんな感じ。小指・中指あたり  

 にあるのが標準電池。スイッチを入れっぱ 

 なしにしていると、2−3時間程度で空にな 

 ってしまう、という按配。こまめに入れたり 

 切ったりしてどうにか、一仕事こなせる程 

 度。運動会や発表会を延々と撮影するのに 

 はそもそも向いていないと思います。小さい 

 が故の機動性を発揮して、いろいろなシー 

 ンを撮影、PCで処理してDVDに記録、また 

 ホームページなどでの利用に使うのに最 

 適。

   

 電池ケースを右の写真のように「取っ手」の 

 ようにすることもできます。テープはSONY  

 独自のマイクロMV。小さいのが取柄です 

 が、他のビデオカメラとの互換性は今のとこ 

 ろありません。私はテープのままで保管せ 

 ず、すべてPCに落として記録、テープは上 

 書きして何回も使っています。どちらかと言 

 うとこのカメラは子供の初めての運動会を 

 撮影するためにお父さん、お母さんが初め 

 て購入するものではなくて、ビデオやPC経 

 験者が、さらに機動性を発揮して楽しむ、と 

 いう感じ。

   

 正面から見るとこんな風。横の液晶画面を 

 開いて、シーンを見ながら撮影したり、再生 

 したり。 また、種々の設定を画面タッチで 

 行うことができるのは他の機種と同等。ス 

 テレオマイクは、近くの音も遠くの音もそれ 

 なりに録れて違和感なし。画質は大型機種 

 よりも劣るが中程度と言ったところか。私の 

 持っていた古いHi8などより格段にいいの 

 は言うまでもない。テレビにビデオケーブル 

 でつないで再生してもいいが、PCと 

 IEEE1394ケーブルで接続して取り込むのが 

 ベスト。

   

 PCに取り込んだデジタルデータは MMVファ 

 イルで記録。動画記録では定評のあMOV

 系、QUICK TIME系のファイルだがWindows  

  MPG 系とはそのままでは互換性が無 

 く、変換が必要。付属のソフト MovieShaker

 でPC取り込みから、画像処理、簡単な変  

 換などもでき、右の写真はベランダの花を 

 撮影したものを、PCに取り込み、MMVファイ

 ルになったものを QUICKTIME で表  

 示。MovieShaker を立ち上げると右下の写 

 真のようになっていますが、カメラをPCにつ 

 ないで、撮影されたテープを入れておくと、 

 自動的にAの位置にテープ内容がサムネイ

 ルの形で表示されます。

   

 その中から必要なシーンだけ、キャプチャー 

 でき、それが MMVファイルの形式でPCに 

 記録され、上の写真のように見ることがで 

 きます。見るだけならばそれで終わりです 

 が、編集したりDVDにしたり、Windows  

 Media Player RealPlayerで見られるよう 

 にしたりするには、MMV ファイルをBの位置

 に取り込み、Cの位置に並べてDを見ながら 

 編集します。Dを見ながら不要箇所をカット 

 したり、Cに並んだシーンとシーンのつなぎ 

 目を修飾したりできるほか、音の編集も可 

 能なようです。

   
by Kiyoshi Okubo

 

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO